腱板障害|茂原駅

こんな症状ではありませんか。
転倒し手をついた後から方がおかしい。
肩があがりにくい。
腕を真横にしたときに、維持出来ない。

上記の症状の場合、腱板損傷かもしれません。

腱板とは「肩甲下筋(けんこうかきん)」、「棘上筋(きょくじょうきん)」、「棘下筋(きょっかきん)」、「小円筋(しょうえんきん)」の4つの筋からなる集合体です。
そのなかでも、最も損傷しやすいのは、棘上筋(きょくじょうきん)と棘下筋(きょっかきん)です。
この腱板障害(腱板損傷)は、腕を大きく振る野球やテニス、水泳をやっている方に起こりやすい疾患です。
原因としては、筋肉を使い過ぎることで、腕を上げる筋肉のバランスが崩れ腕の骨が肩甲骨にぶつかり回旋筋腱板は挟まれ炎症を起こします。
当院の治療方法は、マッサージや電圧機器で筋肉をほぐし、キネシオテープで損傷部分の筋肉を助けることで早期改善が見込めます。

茂原駅前整骨院
茂原市六ツ野2799-14
TEL:0475-24-1733

[ 2014年12月30日 ]
お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る