赤ちゃんが乗っていますのステッカーの意味|茂原駅

このところ「赤ちゃんが乗ってます」「Baby in car」
のステッカーが貼ってある車を多く目にしますが、
これの本当の意味をご存知ですか?

「赤ちゃんが乗っているからやさしくしてね。」
だけではないようです。

実は、「赤ちゃんが乗っています」ステッカーには
下記のようなエピソードが伝えられています。

*******************************************

数十年前、アメリカで女性の運転する乗用車に
大型トラックが後方から衝突するという事故が起きました。
女性の運転していた車は大破し、
その女性も意識不明の状況で救急搬送されました。
幸いにも女性は一命を取りとめ、
事故から2日後に意識を取り戻しました。
しかし、意識を取り戻した女性の第一声に
周囲の人々が凍りつきました。

「私の赤ちゃんはどこ?」

大破した車を調べたところ、後部座席と床の間から
赤ちゃんのご遺体が発見されました。
もしかしたら事故直後に助け出せていたら
命を救えたかもしれません。

この事故を期に、
何らかの事故が起きた際に
レスキュー隊に向けて赤ちゃんの存在を知らせる為に
「赤ちゃんが乗っています」の
ステッカーが貼られるようになりました。

「この車が事故にあったら、まず赤ちゃんを助けて下さい。」
という意味が込められているのです。

******************************************

実は、このエピソードの真偽は実は定かでは無いという説もあるのですが、
状況的に有り得ない出来事とも言い切れません。
特に、突然の雨で見通しが悪かったり、
路面が滑りやすくなる
冬の季節の雪の日の翌日と思われる時は
尚更交通事故が起きやすい状況です。
このようなステッカーの貼ってある車ばかりでなく
全ての車に対しても、車間距離を十分にとって
運転することを心掛けることが
尊い命を守る為にも大切なのではないでしょうか。

そして、これから3月に入ると
転勤に伴う引越しや、進学、卒業入学のシーズンをむかえ
普段運転をしない道を車やバイク、自転車などで走行する方も増えますし
春休みに入る学生さんがご家族やご友人と
高速道路などを使用する機会が増えると思います。
したがって当然、交通事故も増えてきますので
事前に通る道の下調べをしておき、
見通しが悪く危険な道、
交通量や交通事故の多い道などを知っておくことが大切です。
また、突然の交通事故というアクシデントに見舞われてしまった場合の
警察の電話番号や、保険会社の電話番号を登録しておきましょう。
そして、天候状況が変化すると
道路状況も大きく変わりますので注意が必要です。
事前の下調べによって、ある程度の所要時間を知ることで、
心と身体に余裕を持って運転をすることができるのです。

茂原駅前整骨院
茂原市六ツ野2799-14
TEL:0475-24-1733

[ 2016年2月12日 ]
お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る