いつ起こるかわからない寝違い

毎日の生活の中で大切な一つでもある睡眠ですが、寝ている間はどのような体勢で寝ているのかなどは自分ではわかりません。

 

寝ている間に手がカラダの下にあったり首が無理な体勢になっていたりすると、起きた時にしびれていたり、首が回らなくて痛かったりということが起きます。しびれであれば、時間と共に落ち着いてくれるのでそのままにしておいても問題はありません。

 

ですが、寝違えて首が痛かったり回らなかったりというのは、治るまでに時間がかかります。このように寝違えたという経験をした人は、多いのではないでしょうか。

 

寝違えた時には、どのように対応しているでしょうか。人によっては、痛いまま我慢して治るのを待つこともあるかもしれません。寝違えたくて寝違えているわけではありませんが、できることならば寝違えたくはないモノです。寝違えないための対策は、できるのでしょうか。寝違えについて紹介します。

 

寝違えるということは、首に負担がかかっている状態が続きストレスがかかっていると言えます。つまり、首が捻挫している状態だったり、筋肉に損傷が起こっている状態だということです。

 

軽い症状であれば、放置していても時間と共に痛みが気にならなくなります。ですが、重症だと何日も辛い痛みが続きます。

 

寝違えると、痛いので自分なりのマッサージをしたり首を回したりしてしまいがちです。ですが、マッサージなど自分なりのケアは決してしない方がいいです。まだ、何もせずに安静にしている方がいいくらいです。

 

寝違えたとはいえ首の状態は、素人の自己判断ではわかりにくいものです。寝違えた後、自分で何かケアをすると余計に悪化してしまうということもあるので注意が必要です。自己判断でケアをすることは危険なのでやめましょう。

 

整体や整骨院に行くまでに、時間のかかることもあります。このような時に応急処置としてするのであれば、痛みのある部分を冷やし首をできるだけ固定して安静にしましょう。

 

そこで任せられるのが、整体や整骨院です。整体や整骨院では、首の状態を把握し適切なケアをしてくれます。寝違えは、首に負担がかかっていることだけが原因ではない可能性もあります。例えば、肩こりや内臓に不調があることもあります。

 

寝違えの原因となっている元を治療してくれるので、専門に任せることで寝違えを早く治せます。また、整体や整骨院で原因を治すと、再び寝違えが起こることを防ぐことができます。その他、整骨院で治療をしてもらうと自宅での注意点を詳しくアドバイスしてくれるので利用してみましょう。

 

茂原駅前整骨院
茂原市六ツ野2799-14
TEL:0475-24-1733

[ 2017年6月23日 ]
お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る