天気痛

みなさま、こんにちは!!!
昨日の台風は大丈夫でしたでしょうか??

今日も風が強いですが、お気を付けて、
お仕事頑張ってください!!!

最近は雨の日が続いたり、台風がいくつも来たり・・・
季節の変わり目で寒暖差が激しい、本当に嫌な天気ですね。

当院の患者様も身体の不調を訴える方が多くなりました。

天気が悪くなると症状が悪くなる、痛みが増す現象は
天気痛」と呼ばれます。

今日は天気痛の対策について書いていきます。

①自律神経の乱れ

人は、生きていく上でいろんなストレスがあります。
・気温の変化(環境変化)
・対人関係(精神面)
・日常の疲れ(肉体面)
・仕事(責任感)
自律神経は副交感神経交感神経で成り立っています。
ストレスを感じると交感神経(緊張・闘争心など)が優位になり
筋肉の硬さ・緊張が強くなります。
ストレスとうまく付き合っていかなくていけません。

②自律神経を整える

まずは1日3食ちゃんと食べる事が大事。
朝食は自律神経系を整えるのに特に重要です。
朝日を浴びるのも大事ですね。
体内時計の乱れも不調を起こす原因になります。
自律神経系を安定させるには、軽めの運動・ゆっくりした運動です。
たとえて言うならウォーキング、水泳、準備運動、ストレッチです。
無理せず続けて、基礎代謝量と筋肉量が少しずつあげられるものを
行うこと。
ストレッチは、お風呂に入った後、寝る前がおすすめです。
お風呂も熱めのお湯だと交感神経が優位になりやすいので注意。
ぬるめの39~40度のお湯にゆっくりつかる事が大切です。

③寝る前のスマートフォンはだめ!!

スマートフォンからでている光は刺激が強いため、交感神経が
活発化してなかなか寝付けなくなり、体力回復できる睡眠が
おろそかになる可能性も・・・。
偏頭痛がある方は特に気を付けた方が良いです。
光刺激で偏頭痛が起こりやすくなります。
100%フルーツジュース・チョコレートも要因ですね。
安眠効果のあるアロマはラベンダー、カモミールなど、
身近にある香りなので、1つあるだけでもいいです。
ちなみに食欲ない人はグレープフルーツの香り、
女性を綺麗にするのはバラの香りです。

天気痛自体は特定の病気ではないです。
天気から受ける影響を少しでも減らし、痛みや体調を崩してしまう回数を
減らすことが大事です。

そのためにも、ご自身のお身体に耳を傾け、治療をしてあげて下さい。

当院ではその方に合った施術方法を提案させて頂きます。

まずは症状をお聞かせください。お待ちしております。

茂原駅前整骨院
〒297-0012 茂原市六ツ野2799-14
℡0475-24-1733

[ 2017年10月30日 ]
お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る