夏に多いぞ、ギックリ腰!

みなさま、こんにちは。

今日は夏に多いギックリ腰について書いていきます。

ギックリ腰は軽度なものもありますが、重度になると
歩くのも困難、寝ても起き上がれない、仕事なんて
もってのほか!!というくらい厄介です!!

ギックリ腰は、痛めているところが過度にねじれたり、
引っ張られたり、動きを制限されてしまった時に
起きやすいです。

また『冷え』もポイントです。

暑くて汗が出て服が濡れる→クーラーの効いた部屋に
入って体が冷える→筋肉が冷えて硬くなりしなやかさが
なくなる→動きが制限→ギックリ腰になります。

他にはお腹の調子が悪い場合(胃・腸)にも起こりやすい
です。
夏は、ついつい冷たい物を飲んだり、食べちゃいますよね。

なんなら暑いのでお風呂につかるのも嫌!シャワーだけで
済ませてしまおう・・・お風呂上がりにはクーラーの
効いた部屋で冷たい物を飲もう・・・と、考えてしまうのも
夏ならでは。

そんな生活をしているとお腹が冷えてしまい、どんどん
硬くなってしまいます。
お腹が硬くなると体全体が硬くなるので、力を上手く
逃がすことができなくなり、ちょっとした動きで筋肉を
痛めてしまいます。

冬は寒いから筋肉が硬くなりギックリ腰になりやすいと
思われがちですが、夏も同じくらいギックリ腰が
起きやすいのでご注意ください。

何度も言います!!夏はギックリ腰の多い季節です!!!

ですので、お身体、特にお腹を温めるようお願いします。

お風呂は体を洗うだけのところではないです。
身体の疲れをとる、心を癒す場所、ギックリ腰を予防する
場所でもあります。

お家で簡単にできる治療法です。

ゆっくりお風呂につかり、一日の疲れをとって下さい。

特に入浴剤を入れての入浴をおすすめしております。

入浴剤をつかうことでぬるめのお湯でも深部まで
温まりますので。

ちなみにギックリ腰になった場合は炎症が起きているので
熱っぽさがとれるまではお風呂NGですよ。

茂原駅前整骨院
〒297-0012 茂原市六ツ野2799-14
℡0475-24-1733

[ 2017年7月15日 ]
お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る